うつ病の治療に使用されるパキシルについて

うつ病の薬として一般的に処方される薬の種類にパキシルという薬があります。一般名はパロキセチンというのですが、どのような薬なのでしょうか。抗うつ薬として処方されているのですがここでは詳しく見ていきましょう。

新しいタイプの抗うつ薬でSSRIの種類

パキシルは新しいタイプの抗うつ薬です。SSRIと呼ばれる種類で、選択的セロトニン再吸収阻害剤です。これは脳の中でセロトニンという物質が増えるように働きかけてくれます。うつ病の人はセロトニンが減っている傾向にあるために、セロトニンを増やすために薬を飲みます。セロトニンが減れば気分が落ち込んでしまいますので、セロトニンを増やして気分が落ち込まないようにする、気持ちをあげるようにしていきます。

SSRIであるパキシルの特徴

SSRIは新しい抗うつ薬の種類ですが、この種類はこれまでの抗うつ薬と比べると副作用少ないのが特徴です。特にパキシルの場合は、眠気が少ないことが特徴です。しかし実際に飲んだことがある人の話によるとほかのSSRIに比べると若干パキシルは眠気が強いほうだと言われています。それ以外に副作用といえば吐き気があります。吐き気はうつ病の治療薬、精神病薬ではよくあることなのですが、若干感じる人もいます。また少し落ち着かないという感覚を覚える人もいるとのことですし、眠れなくなる人もいます。

副作用よりも作用が強いので

副作用に比べると作用の方が強いですから効果を高く実感することが出来るでしょう。1日に1回服用するだけで効果を持続させることができます。しかし1週間から10日は効果の発現までに時間がかかりますので、飲み続けなければいけません。その量は医師によって調整されますが、10mgから40mg程度とされています。

関連する記事