うつ病の治療に使用される抗うつ薬について

抗うつ薬をうつ病の治療として処方された場合には副作用があります。パキシルと言われる一般的によく処方されている抗うつ薬についても副作用があることで知られています。強い眠気があるためにその後の運転を控える必要があります。

薬の副作用について

薬の副作用というのはどのような薬にでもあるものです。なぜなら薬にはもともと作用と副作用が兼ね備わっているからなのです。作用というのは体の中で症状に対して有用な効果をもたらしてくれるのですが、副作用というのは体にとって害になる働きになります。ですからもともと薬が持っている特徴なので、副作用が現れたからといって必ずしも、自分はこの薬が合わないということではないのです。薬が体に合う、合わないに関係なく薬の副作用はありますので理解しておきましょう。

抗うつ薬に多い副作用について

抗うつ薬に多いとされる副作用はどのようなものがあるのでしょうか。例えばですが喉が渇く、便秘になる、眠気や吐き気などが一般的には多いと言われています。頭痛がひどくなる人もいます。ですがこの副作用は飲めば飲むほどにだんだん慣れてきますので、気にならなくなります。慣れれば改善される副作用といってもいいでしょう。なので最初はなれずに我慢するのがつらいかもしれないのですが、我慢できる程度のレベルでしたら少し慣れるまでは我慢しておきましょう。しかし日常生活にあまりにも支障をきたすような副作用が現れているというのであれば、早めに意思に相談して改善してもらうようにするといいでしょう。日常生活に支障が出るほどの副作用は我慢してはいけません。

抗うつ薬の効果はしばらく時間がかかる

抗うつ薬の効果はしばらく時間がかかりますので、1週間から10日は、飲み始める前となんら改善されない、症状が全く変わらないことも多いですが、それは普通なので、飲み続けて様子を見ましょう。

関連する記事