うつ病の原因はなんなのか

学生や若い人の間でも、今うつ病はとても多いと言われているのですが、具体的には何が原因でうつ病になっているのでしょうか。うつ病の原因を知ることができれば改善させることにもつながるかもしれませんが、1つの原因だけではないようです。

うつ病の原因は様々なことが絡み合っている

うつ病の原因、それは一つの原因だけではないと言われています。環境的な要因と、そして身体的な要因が絡み合っているために起きているのです。環境的な要因というのは子供の頃に厳しい体験をしたとか、親しい人がなくなっている、仕事を喪失したとか、人間関係のトラブルがある、家庭内がうまくいってない、退職や離婚をしたなどの人生のエピソードがある、妊娠、異記事や引越しなどで環境が変わったなどがあげられます。身体的な要因としては慢性的につかれている、脳血管障害がある、感染症になっている、癌におかされている、月経前である、出産後であるなどの理由があります。

ストレスが強いために発症することもある

うつ病の原因は様々ですがストレスが今は有力視されています。何らかの過剰なストレスが原因になっていると言われているのですが、それだけではないのです。ストレスの中で一番多いと言われているのは、人間関係からのストレスです。また環境の変化によるストレスも考えられます。身近な人が亡くなったストレス、リストラによるストレスなどマイナスなストレスだけがうつ病になりやすいと連想してしまうのですが、そうではありません。昇進をきかっけにして、結婚をきっかけにしたプラスの出来ごとからもストレスを感じてそれがきかっけでうつ病になることもあります。原因は様々ですが治療薬として使用される薬はそれほど違いはなく、パキシルなどが一般的にはよく使用されています。

関連する記事